関節痛の痛みはサプリメントでやっつけよう

女の人

目の症状で違う必要な栄養

ブルーベリー

目に不足の栄養を知る

ブルーベリーはアメリカ原産の低木の名前で、青紫色の小さな実がなります。この実は、古来より眼病予防の生薬として使われてきました。従来は生食やジャムにすることで利用されていました。近年では、眼精疲労解消に効果があるサプリとして販売されています。ブルーベリーのサプリが販売された始めた頃は、眼精疲労解消や視力低下予防効果のためのものが大半でした。しかし、現在販売されているものは、ブルーベリーの栄養成分と他の栄養素をプラスすることによって、様々な目の症状に対応できるようになっています。夜盲症や老化によるピンボケなどは、眼精疲労とは症状が異なるため配合される栄養素も違っています。高い効果を求める場合は自分の目の症状にあったサプリを選ぶことが大切です。また、購入するときは、栄養補助食品として認められているサプリかどうかを確認してみましょう。目に良いと表示されていても実際には効果がない食品も多いからです。不足している栄養が強化されているサプリを選ぶことも症状を解消するためには重要なことです。

飲みやすく副作用がない

ブルーベリーに含まれている目に良い有効成分はアントシアニンという栄養素です。アントシアニンは、紫色の天然色素で果物のぶどうにも含まれています。アントシアニンは、ポリフェノールという栄養素の仲間で強い抗酸化作用を持っています。ブルーベリーは、アントシアニンの抗酸化作用によって病気などから実を守っていることから注目された栄養素なのです。しかし、生食やジャムで栄養を摂るにはたくさん食べる必要があります。サプリなら毎日の食事から摂れる量の不足分を補うことが可能です。摂りすぎによる副作用も現在のところ報告されていません。目の疲れによるカスミ目にはルテインが配合されたもの、老眼によるピンボケにはビタミンAがプラスされたものなど自分の目にあったサプリを選ぶことができるようになっています。